日本版DMO本法人に公益社団法人山形県観光物産協会が登録

日本版DMO本法人に登録

■公益社団法人山形県観光物産協会が国土交通省から日本版DMO本法人に登録されました。

会長 平井 康博 コメント(令和2年3月31日)

本日、当協会が国土交通省から観光地域づくりの舵取り役として日本版DMO本法人に登録されたことは大変喜ばしく、責務も重くなったものと捉えております。

今、国内外では新型コロナウイルスの猛威により、観光、物産、交通、飲食、宿泊、サービス、あらゆる事業者が大きな被害を蒙っています。

こうした中、当協会は全県域を所轄する地域連携DMOとして、各地の観光協会、DMO、DMC各事業者の状況を把握し、新型コロナウイルス収束後にいち早く回復できるよう、国県等に要望等を行うとともに、安全安心な山形ブランドの構築と受け入れ態勢整備に努めてまいります。

 観光庁HP(http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics04_000135.html)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA