山形県鶴岡産の美味しいだだちゃ豆

\ 新鮮で香り豊かな鶴岡産だだちゃ豆をご自宅で /

\ 新鮮で香り豊かな鶴岡産だだちゃ豆をご自宅で /

山形県産の『だだちゃ豆』の購入はこちらから

販売期間: 8月末ごろまで

販売期間: 8月末ごろまで

名前の由来 

名前の由来 

「だだちゃ」とは庄内地方の方言で「おやじ」「お父さん」を意味します。

通常、今では一般的に話言葉で「だだちゃ」と口にすることは「だだちゃ豆」と口にする以外はほとんど聞かなくなりました。

江戸時代、献上された枝豆に対して庄内藩の殿様が「この枝豆は、どこのだだちゃの作った豆だや?」と尋ねたところから、それ以来「だだちゃ豆」と呼ぶようになったという説が有力ですが、諸説あります。

庄内藩のお殿様『だだちゃの作った豆』由来

だだちゃ豆の特徴

だだちゃ豆特徴

「だだちゃ豆」の特徴は「えだ豆」より実は小さいですが、香りと甘みが強いのが特徴です。

また、「だだちゃ豆」を茹でているときの香ばしい香りはたまらなく良い香りがします。

「だだちゃ豆」は鶴岡市周辺の土地の条件でしかこの旨みが出なく、この土地で栽培された「だだちゃ豆」の種子を他の地域で栽培しても「だだちゃ豆」の品種の特性が消えてしまうそうです

だだちゃ豆の美味しさの秘密

だだちゃ豆の鮮度

だだちゃ豆の鮮度

美味しく食べるには鮮度が重要です。もっとも美味しくいただくためには「だだちゃ豆」が届いたその日に茹でてください。

食べなくとも「生」の状態ではなく、「茹であがった」状態にして、冷蔵庫で保管したほうが美味しくいただけます。(収穫後は生の状態が短いほど美味しい)

しかしながら、すぐに茹でることが出来ないときは、濡れた新聞紙にくるんでスグに冷蔵庫で保管して、明日か、明後日までに食べてください。

だだちゃ豆の鮮度について

\ だだちゃ豆の美味しいゆで方をご紹介 /

\ だだちゃ豆の美味しいゆで方をご紹介 /

山形県産の『だだちゃ豆』の購入はこちらから

さあ、おいしいだだちゃ豆が茹で上がりました。
キンキンに冷えたビールに、色鮮やかな炊き込みご飯に。 鶴岡の夏の陽射しを閉じ込めた今だけの味を、皆様の食卓にお届けします。

山形県産の『だだちゃ豆』の購入はこちらから

TOPページへ戻る